From Newzealand

古代から幻のパールと呼ばれていた、めったに見ることのできない不思議な真珠

アバロニパール From Newzealandは、宗主エリザベス女王に贈呈されたニュージーランドの宝物です。  Newzealand

アバロニパールとは

18K YG アバロニパール 9mm デザインリング

約37種類あるアワビ貝(英名でabalone:アバロゥニ)の中に、装飾技術にも用いられる美しいあわび貝が存在します。 貝の内部には、ごく稀に自然の真珠が見つかることもあります。
その性質を利用して、半球状に育てたのが、ニュージーランド産アバロニパールです。

アワビ貝は歴史的には古くから、その神秘的な色調と希少性、その貝殻の美しさにより、貝細工や螺鈿[※1]の原料として、大変珍重されてきました。 珍しいアバロニパールならではの青緑色の美しさは、古来から現代の今もなお、高級ジュエリーの素材として取り扱われています。

ニュージーランド産アバロニパールの特色

ニュージーランドのアバロニパールは現地では「パウワ」と呼ばれています。 古来よりマオリ族から価値のあるものとして珍重され、食品だけではなく、伝統・近代工芸の素材や宝飾品として扱われてきました。

天然アバロニパールの産地としては、他にアメリカ、メキシコ、日本などがありますが、
ニュージーランド産のアバロニパールの最大の特徴は、他のアバロニパールには見られない、
天然の鮮やかなブルーやグリーン、パープル、ピンク、ゴールドなどが混ざり合った、オーロラのような色彩です。

見る角度によって変わる美しい色合いの様は、Sea Opal(海の宝石オパール)と表現されるほど。
通常の真珠には見られない美しい色合い変化がみられます。

アバロ二パール・フロム・ニュージーランドは、ニュージーランドの美しい海で育まれ養殖された、ナチュラルカラーのアバロニパールを厳選し、日本の女性に美しく身に付けていただくために、特別なデザインにてその美しさをご紹介するブランドです。

[※1]螺鈿(らでん):主に陶器や帯などの伝統工芸に用いられる装飾技術の一つ。奈良時代に唐より輸入され琥珀や鼈甲(べっこう)と組み合わせて楽器などの装飾に使用された。その後、食器などにも用いられ、ヨーロッパなどで高級品として人気を得た。

ニュージーランド産アバロニパール

7商品

おすすめ順 価格順 新着順

  • < Prev
  • Next >
7商品 1-7表示
  • <
  • 1
  • >
7商品 1-7表示
  • < Prev
  • Next >

ニュージーランドの海の恵みがあって初めて生まれる真珠物語

NJの海イメージ画像

オーストラリア産ブラックオパールを思わせる色がありながら真珠独特の光沢を持つのが「アバロニパール」です。
宗主エリザベス女王の襟元には N.J.の宝物として使われている程の高級なパールです。

ブラックオパールの美しさを真珠で実現するために選ばれたのが南島リアス式海岸の豊富な自然の力です。

NJの海場所画像

アワビ種稚貝を愛情をかけて育て大きくなって初めて核を挿入し、貴重なパールを育てます。

NJの生産者画像

NJの貝画像

透明な真珠層の下には深海の青と緑が揺れて、まるでオパールの遊色のような深みのある立体的な輝きが生まれます。

世界の真珠の中でも珍しいほど古くからの歴史がありながら、調色や色加工のできないゆえに希少価値の有る自然観が魅力です。